薬のケース

低用量ピルは様々な用途で使われていますが、その中でも中心となっているのはやはり避妊です。それではその避妊について効果的な理由は一体何なのでしょうか。
まず、そもそもそのメカニズムを短絡的にまとめれば、排卵されないようにするため、という事に尽きるでしょう。これはそもそも低用量ピルにはある程度女性ホルモンが含まれており、その女性ホルモンが体に影響を与える、ということが言えます。

低用量ピルは、複数のホルモンによってつくられています。そのひとつは、卵胞ホルモンと呼ばれるホルモンで、こちらはFSH、卵胞刺激ホルモンといいます。このホルモンが出ることで卵子を包む卵胞という部分が成長し、卵子を育てるのです。もうひとつは黄体熟成ホルモンといい、成熟した卵胞を外に出して卵子を外に出す効果を担います。

実は、この二つのホルモンは脳から出されます。この時に卵巣に刺激をあたえ、卵巣から排卵を促したり、卵巣から女性ホルモンとなるエストロゲンやプロゲステロンを分泌させるのです。エストロゲンやプロゲステロンは子宮内膜を厚くして受精しやすくしたり、受精卵を育てる役割を持ちます。

そして、低用量ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種が含まれており、この二つの作用によって毎日飲むことで体は卵子を育てる事が無くなり、排卵される事が無くなります。また、排卵されなくなるだけではなく、仮に受精したとしても子宮内膜を育てるホルモンがないため着床しづらくなり、受精した卵子が育ちにくくなったりするのです。

その他にも子宮頚管の粘膜を変化させ、精子を子宮に入りづらくすることもあります。そもそも精子と卵子が出会わなくなるため受精する確率はさらに下がるでしょう。
様々な工夫から避妊する事が出来るだけではなく、体のホルモン量を調整することによって子宮を変化させたり、排卵しないようにつかさどります。

このため、人によっては調子が悪くなったり、体調が崩れることもあるかもしれません。一時的に調子を崩すこともありますが、その調子の悪さはある程度の時間で消えてしまったり、体が慣れてしまうことも考えられます。ただ、メカニズムとしてはホルモンの影響によるもので、このホルモンの量や内容の調整によって効果も変わる傾向があり、中には避妊だけではなく、肌のために飲む事が出来る低用量ピルもあります。特に強い副作用などが少なくなるように調整されていますので、継続して使いやすくなっています。